とにかく楽に育児をするためのメディア

旦那さんにも知ってもらいたい、出産後に必要な手続きリスト

こまりさん
こまりさん

産後の事務手続きって何があるんだろう…大変そうだなあ

こんにちは!ちゃみ(@with_baby_chami)です!

産後は思った以上に赤ちゃんのお世話でバタバタな上に必要な手続きがたくさんあります。

産前にどういった手続きが必要か確認・準備しておき、少しでも産後に余裕を残しておくことおすすめします。

手続きが遅くなると助成や給付が受けられない時が出てくることもあるので、漏らすことなくできるものから早めに手続きしておきましょう。

※今回の内容は自治体や個々の状況によって異なる場合があるので、1度確認お願いします。

また、旦那さんと分担して手続きを進めたいけどどう分担したら効率がいいのか…?という方に向けて、担当振り分けと理由を書いてあるので参考にしてみてください。

記事は次のような人におすすめ!
  • 産後の手続きに何があるのか知りたい方
  • 旦那さんとやることをどう分担したらいいかわからない方

それでは詳しくみていきましょう。

出産後の手続きは、事前に調べてできる限りの準備・確認をしましょう

産後の手続きは旦那さんと2人で進めましょう

出産して一息つくのも束の間、出産後は提出しなくてはならない書類や早めに申請しておくべき手続きがたくさんあります。

産後は思った以上に子育てで忙しくなるので、時間に余裕のある出産前に自分が必要な手続きを把握しておくと良いでしょう。

提出先や提出期限がそれぞれ違うので期限に遅れることなく受け取れるはずのお金、免除されるべきお金を逃さないよう、旦那さんと協力し合いながら手続きを進めましょう。

ちゃみ
ちゃみ

請求者が旦那さんになるものも多いので、ちゃんと知っておいてもらわないとですね!

必須】 出産後の手続きリスト

出生届

担当: 旦那さん👨 | ママさん👩 (どちらでも)

申請について
  • 提出期限:出産日を含め14日以内
  • 提出先:子の出生地、本籍地または届出人(父/母)の所在地の市区町村役場
  • 必要なもの : 出生届・印鑑・母子手帳

出生届は、赤ちゃんが生まれた後その子を父母の戸籍に記載してもらうため届出書です。

「出生届」は「出生証明書」と一体になっていて、出産に立ち会った医師または助産師の記入が必要な箇所があるため、出産した産院が用意してくれる場合が多いですが、必ずそうとも限らないので事前に産院に確認しておくと良いでしょう。

出生届は役所でもらうことができますが、こだわりがある方はネット上でデザイン出生届をDLしてみてもいいですね。

児童手当金

担当: 旦那さん👨 (請求者の可能性が高いため)

申請について
  • 提出期限:出産日を含め15日以内
  • 提出先:現住所の市区町村役場(公務員の方は勤務先で申請)
  • 必要なもの : 請求者(父/母など収入が高い方)の健康保険証の写し・請求者名義の預金通帳の写し・印鑑

児童手当金は、0歳から中学校卒業までの児童を養育している人に支給される手当金です。

子供の年齢や請求者の所得制限によって支給額が変わるので、事前にお住まいの自治体で確認しておきましょう。

原則として、申請した月の翌月分から支給を受けることができ、期間をさかのぼって受け取ることはできません。

ですが、出生日が月末に近い場合などやむを得ない事情で月末までに手続きができなかった場合には、申請日が翌月になっても出生日の翌日から15日以内であれば、申請月分から支給されます。

ちゃみ
ちゃみ

現住所の自治体で出生届を出す場合は、同時に提出すると再度自治体に行く手間なく手続きすることができますね。

手当額は一般的に以下の通りですが、子どもの数によっても変わってくるので確認が必要です。

年齢区分手当額(月額)
0歳~3歳15,000円
3歳~中学校修了10,000円
所得制限限度額以上のかた5,000円

健康保険の加入

担当: 旦那さん👨 (扶養者の可能性が高いため)

申請について
  • 提出期限:出生後すみやかに(1ヶ月検診までに)
  • 提出先:社会保険は勤務先、国民健康保険は現住所の市区町村役場
  • 必要なもの : 社会保険は勤務先に必要書類を確認し申請、国民健康保険は届出人の印鑑・顔写真つきの公的身分証明書・母子手帳

健康保険の加入は、各自治体から子供の医療費助成を受けるのための制度です。

加入手続きが遅れると助成が受けられず、病院にかかった場合に全額を窓口で立て替え払いすることになるので、赤ちゃんが生まれたらすみやかに提出しましょう。

共働きの世帯なら、収入の多い方の扶養に入るのが一般的です。

ちゃみ
ちゃみ

国民健康保険の方は出生届と一緒に手続きしちゃいましょう。

子どもの医療費助成

担当: 旦那さん👨 | ママさん👩 (どちらでも)

申請について
  • 提出期限:早めに(一ヶ月検診までに)
  • 提出先:現住所の市区町村役場
  • 必要なもの : 印鑑・子どもの健康保険証(自治体によって健康保険証が届いていない場合でも後日写しを提出すれば大丈夫なことも)

子どもの医療費助成は、子どもが医療機関で治療や診察を受けた費用の一部、または全額を自治体が助成してくれる制度です。

制度を利用するには、申請手続きを行い、医療証の交付を受ける必要があります。

手続きは子どもが健康保険に加入していなければできないので、健康保険証が届いたら写しを準備し、すみやかに手続きしましょう。

各自治体によって設けられている制度なので、対象となる年齢や助成金額はお住まいの地域によって異なるため確認が必要です。

出生連絡票の提出

担当:旦那さん👨 | ママさん👩 (どちらでも)

申請について
  • 提出期限:早めに
  • 提出先:現住所の市区町村役場
  • 必要なもの : 母子手帳についてあるはがき

出生連絡票の提出をすることで、助産師または市の保健師が、赤ちゃんとお母さんを訪問し、育児などの相談を受けてくれる制度です。

妊娠・出産に関することや、産後の経過、育児に関することなどさまざま相談に乗ってもらえます。

出生連絡票を提出しなくても出生届時の名簿を追って連絡がくる場合がありますが、希望しない方は連絡が来た際に希望しない旨を伝えると良いでしょう。

【対象者のみ】 出産後の手続きリスト

出産育児一時金

担当: ママさん👩 (ママさん側の健康保険に依存しているため)

出産育児一時金は、出産時の経済的負担を軽減するために、加入する健康保険組合から受け取れる補助金です。

基本的には赤ちゃん1人につき42万円(健康保険組合によっては付加給付金がある場合もあります)、多胎の場合は42万円×人数分が支給されます。

受け取り方法は「直接支払制度」、「受取代理制度」、「産後申請」から選べます。

直接支払い制度

申請について
  • 提出期限:入院時、または入院まで
  • 提出先:病院
  • 必要なもの : 病院が用意する直接支払い制度利用の合意書

3つの制度の中で最も一般的で加入している健康保険組合から産院に出産育児一時金が直接支払われる制度です。

退院時の支払いが差引した金額だけで済むので支払いをスムーズに行うことができます。

もし直接支払制度を利用して出産費用が42万円に満たなかった場合は、後日健康保険組合に申請することで差額を受け取ることができます。

ちゃみ
ちゃみ

私の産院では、実際にかかった出産費用から直接支払い制度分を差し引いた分はクレジットカード支払い可能だったので現金を持ち歩かなくてすみました!

受取代理制度

申請について
  • 提出期限:出産予定日の2ヶ月前~1ヶ月前くらい
  • 提出先:健康保険組合
  • 必要なもの : 健康保険組合が用意する受け取り代理制度利用の申請書の必須項目を産院に記入してもらう

出産する産院が直接支払制度を導入していない場合や、直接産院に出産育児一時金が支払われることを希望しない方は、事前に健康保険組合に申請することで直接支払制度同様に健康保険組合から産院に支払われる制度です。

産後申請

申請について
  • 提出期限:出産日翌日から2年の間
  • 提出先:健康保険組合
  • 必要なもの : 健康保険組合が用意する申請書の必須項目を産院に記入してもらう

出産後、自分で出産費用をすべて支払ったあとに健康保険組合へ申請し、支給を受ける制度です。

申請に必要な用紙を産前に入手し、入院中に産院に記入してもらい、産後に自分で提出というステップを踏む必要があり、退院時には高額な分娩入院費を立て替える必要があります。

高額療養費

担当:旦那さん👨 | ママさん👩 (どちらでも)

申請について
  • 提出期限:診察日の翌月から2年間
  • 提出先:加入している健康保険
  • 必要なもの : 高額療養費支給申請書

高額医療費は、各月の1日~末日までにかかった医療費の合計金額が高額になった場合、自己負担限度額を超えた分が戻ってくる制度です。(※自己負担の限度額は、年齢や所得によって変わります。)

そもそも出産は高額なのですが、高額医療費は帝王切開や吸引分娩、鉗子分娩など保険の対象となる医療行為が施された場合のみ適用されるので該当する方は限られます。

ちゃみ
ちゃみ

自然分娩での出産は高額療養費の対象にならないので注意ですね。


事後に申請する人が多いですが、事前に認定を受ける方法もあり、その場合は「認定証」を医療機関の窓口で申請すれば、支払いは自己負担分のみで済みます。

加入している健康保険組合によっては申請しなくても自動的に支給されることもあり、その場合は手続き不要です。

未熟児医療費

担当:旦那さん👨 | ママさん👩(どちらでも)

申請について
  • 提出期限:出生後2週間
  • 提出先:現住所の市区町村役場
  • 必要なもの : 市区町村役場が用意する必要書類・印鑑

未熟児医療費は、低体重や早産(在胎週数37週未満)などで身体の発育が未熟なまま生まれたために入院養育が必要な乳児(0歳児)に対し、医療費を公費負担する制度です。

養育医療の医療費助成が受けられる医療機関は、指定された養育医療機関である必要があります。

指定養育医療機関についてはお住まいの市区町村役場に確認してください。

【企業に勤めている方のみ】 会社関係の手続きリスト

出産後の手続きには、健康保険の加入や一時金の申請など会社を通して申請するものも多いので、出産して一息ついたら会社の上司・人事へ出産のの報告を必ず行いましょう。

出産手当金

担当: ママさん👩 (ママさんの健康保険に依存しており、入院中に産院に記入してもらわなきゃいけない項目があるため)

申請について
  • 提出期限:産後57日目以降~2年の間(勤務先に要確認)
  • 提出先:勤務先
  • 必要なもの : 健康保険出産手当金支給申請書

出産手当金は、妊娠した女性が出産のために勤務先を休んだ際に金銭的補助として加入している健康保険からお給料代わりに支給されるお金です。

手当金は標準報酬日額(支給日開始日以前の継続した12ヵ月間の各標準報酬月額を平均した額)の3分の2に当たる金額です。

支給対象期間は基本的に98日分(出産前42日間+出産後56日間)です。

産前・産後の2回に分けて申請することもできますが、出産後にすれば一回で済ますことができます

支給は申請後約1~2ヵ月後になり、受け取れる支給額は産休開始前のお給料のほぼ3分の2に相当する金額です。

健康保険出産手当金支給申請書は基本的に社会保険事務所から発行されたものが企業から渡されますが、企業に用意がない場合は申請者本人で用意します。

申請書には産院で記入してもらう項目があるので、事前に準備しておき出産後の退院時に受け取れるようにしておくよいでしょう。

以下のサイトでご自身の毎月の額面給与を入力すると、給付額を自動計算してくれるので興味のある方はやってみることをおすすめします。

育児休業給付金

担当: ママさん👩 (特にやることはないです)

育児休業給付金は、収入が減る育児休業の間に金銭的補助として国から支給されるお金です。

育児休業給付金の支給対象になるのは、産休期間の終了翌日=育休開始日からとなります。

申請には以下の2パターンがあり、原則会社が本人に代わって手続きをしてくれます。

  • 会社が本人の代わりに手続きする
  • 会社が用意した書類を用いて本人が手続きする

初回の給付は育休開始から2ヵ月後となり、以降会社が2ヵ月ごとに2ヵ月分をまとめて申請し、ママに2ヵ月に一度2ヵ月分がまとめて給付される仕組みとなっています。

ちゃみ
ちゃみ

会社が全部やってくれたので特にやることはなかったです。

まとめ

今回紹介した手続きのまとめです。

出産後の手続きリスト

内容提出期限提出先
出生届出産日を含め14日以内市区町村役場
児童手当金出産日を含め15日以内現住所の市区町村役場
健康保険の加入出生後すみやかに各健康保険の担当窓口
子どもの医療費助成子供の保険証が届き次第各自治体の担当窓口
出生連絡票の通知出生後すみやかに現住所の市区町村役場
出産育児一時金受取方法による産院、または各健康保険組合の担当窓口
高額療養費診察日の翌月~2年の間健康保険組合の担当窓口
未熟児医療費出生後2週間現住所の市区町村役場

会社関係の手続きリスト

内容提出期限提出先
出産手当金産後57日目以降~2年の間勤務先
育児休業給付金なしなし

産後の手続きは意外と多くて大変ですが、以上の該当する手続きを漏らすことなく進め、助成や給付をしっかり受けることで金銭面の不安が減り、育児に専念することができるでしょう。

お住まいの自治体や勤務先、産院によって申請方法が異なることがあるので、情報を鵜呑みにせずご自身で事前の確認を行うことをおすすめします。